名刺はその人を印象づける

名刺は仕事をしている人の多くがビジネスツールとして利用しています。名刺は会社名や自分の名前、電話やFAX番号などさまざまな情報が詰まっているビジネスでは欠かすことができないアイテムです。自分の情報を名刺として渡すことによって、自分に信頼感を持ってもらうだけでなく、どんな相手だったかという印象をつけることができます。

紙製の名刺とプラスチック製の名刺のメリットを比較

素材やカラー、厚さなどから選べる紙製名刺

名刺の素材イコール紙というイメージが強いですが、紙の素材やカラーから選択の幅が広いというメリットがあります。白だけでも、温かみのある白や爽やかな白などから、イエローやグリーンなどの豊富なカラーバリエーションから選ぶことが可能です。職種によっては紙の厚さを意識することも大切です。

インパクトが強いプラスチック製名刺

紙製の名刺と違って、破れることもシワが入ることもないプラスチック製の名刺は、水にも強いというメリットがあります。名刺は紙製というイメージがまだまだ強いため、プラスチック製の名刺はインパクトが強く、渡したときの印象に残りやすいというメリットもあります。

コスパと相談して決めよう

名刺は会社で作成してくれる、頼めば作ってくれるという会社員だけでなく、フリーランスとして活躍する人たちは自分たちで業者探しをすることになります。印刷会社に頼むと高くなってしまうというイメージから、プリンターで自作する人も少なくありません。ところが最近はネットで探すとコスパのよい印刷会社は見つかります。
格安の業者ではモノクロのシンプル名刺ですが、コスパ重視という場合にはおすすめです。

名刺が必要になる3つのシーン

名刺

社外の人と顔を合わせるときには必須アイテム

日本で仕事をしている多くの人が名刺を持ち、持っていることが当たり前となっています。ビジネスパートナーとして、社外の人に顔を合わせる機会があれば必ずといっていいほど名刺交換を行います。新入社員でも会社の役員であっても、ビジネスツールとして持ち合わせています。

自分の情報を相手に知ってもらう場面には必要

自分がどの会社に所属しているのか、身分や連絡先など、名刺1枚で自分の情報を渡す相手にお知らせすることができます。はじめて会うかたには必ず渡し、自分を知ってもらうことができます。相手に自分を信用してもらうために活用することができるビジネスツールです。

お客様の担当や窓口となるとき

はじめての場所で業務をスタートさせるときには、一般的に名刺交換からスタートします。
渡した相手の会社の担当者として業務を行う責任、窓口になるなど名刺を渡すと責任が生まれます。

名刺のデザイン性とコスパのバランスは無料サンプルでわかる!

名刺

無料の紙見本やサンプルを活用

名刺には用紙の種類は豊富にあり、テンプレートとして用意されているデザインが豊富にあります。業者にはじめて依頼するときには、無料で取り寄せることができる、紙見本やサンプルを活用しましょう。
名刺に利用できる用紙の種類は、一般的に使われている上質紙や再生紙などだけでなく、透明フィルムやクラフト紙など個性的な名刺を作ることができます。
無料で請求をしながらも、サンプルをみて色味や品質などを確認することができ仕上がりを具体的にイメージすることができますし、自分ではイメージできなかったアイデアがうまれるきっかけにもなります。

印刷物

デザインとコスパどちらを重視するか

名刺はパソコンで自分で作ることができます。印刷もプリンターがなくても、コンビニのコピー機を使えば簡単に印刷することができます。自分ですべてを行うため、手数料などがかからずコスパがよく、費用を抑えることができます。ただし、重要なポイントがデザイン性です。デザインすることが得意、デザインを仕事としている場合には、自分で作成をすることもおすすめですが、デザインの作成が苦手、シンプルな名刺で構わないというかた以外は業者への依頼がおすすめです。また、近年、各業者が導入しているマグネットシート印刷についても同様のことが言えます。マグネットシートは、利便性や広告性も高いので、自作をするよりもプロに依頼して作成をした方がよいでしょう。最近では、デザイン性が高いマグネットシートが多数登場しています。名刺はデザインによって渡す相手にインパクトを与えることも、自分を知ってもらうためにもデザインは重要です。デザインイメージがわかないかたやイメージできないというかたは、コストがかかっても業者への依頼がおすすめです。

広告募集中